スポンサーリンク

SONY α7Ⅲ・α7RⅢ リアルタイム瞳AF 動物対応 動物園でテスト

フォト造りTools

2019年4月11日(木)楽しみにしていたSONY ILCE-7RM3 本体ソフトウェアアップデート Ver. 3.00がやって来ました。アップデートの内容は以下の様になっています。

1. リアルタイム瞳AFの動物対応
2. リアルタイム瞳AFがシャッターボタン半押しやAF-ONボタンに対応
3. インターバル撮影機能の追加
4. ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BT(別売)に対応
5. 操作性改善
 ・ カスタムキーに割り当てできる機能に「MENU」を追加
 ・ FnボタンによるMENUタブの操作
6. その他の動作安定性向上

今回は不具合修正の様なマイナーアップデートではなく、大幅な機能を拡張したメジャーアップデートになっています。

中でも一番の注目は1のリアルタイム瞳AFの動物対応です。α7Ⅲは従来から人物に対するリアルタイム瞳AFは搭載されていました。

おまけ程度の中途半端な機能ではなく、モデルさんの撮影にも使用可能な実用的なものです。こんなに便利な瞳オートフォーカス、愛犬・愛ネコでの撮影でも使用できたらかなり嬉しいですよね。

瞳AF機能が動物にまでアップデートされるとなれば、ペットを飼っていない私の期待と興奮度もMAXです。天気が良かったので早速動物園へ行き、テスト撮影して来ました。

スポンサーリンク

対動物リアルタイム瞳AFの作動条件

アップデートでVer.3.00に

撮影を開始する前にリアルタイム瞳AFが動物に対して作動する条件について確認しておきましょう。

以下の文はSONYの公式サイトに記載されている作動条件についてです。

「ネコ」または「イヌ」のような顔立ちで、左右の瞳が良好に見える様な場合においては瞳を検出しやすいのですが、動物の種類などによってや、複数の動物が動き回るような撮影環境などによっては、瞳を検出できない場合があります。

SONY 動物の瞳にピントを合わせて撮影するには

瞳を検出しやすい被写体の例

①ネコ・イヌのような顔立ち・②顔全体が良好にみえる大きさ・③左右の瞳と鼻が良好にみえる顔の向き

SONY 動物の瞳にピントを合わせて撮影するには

瞳の検出が苦手な被写体の例

①顔や体に模様がある場合・②暗い場所や、黒い毛の動物・③「ネコ」や「イヌ」と顔だちが異なる動物・④複数の動物が動きまわっている

SONY 動物の瞳にピントを合わせて撮影するには

基本的には一般的にペットとして飼われているイヌやネコに対応しているということになります。それでは上記の作動条件を教訓!?に撮影していきましょう!

先ずは基本のネコで瞳オートフォーカスを試してみた

 自分が動物の中で一番多く撮影するのはネコちゃんです。ただし飼い猫ではなく野良ニャンコがメインなので、野良の動きに瞳AFは対応出来るでしょうか?

先ず一番最初に出会ったニャンコちゃんです。

正面からは瞳にピントは来安い

暖かな日差しの下でおやすみ中の様です。顔が正面から認識出来る状態なのでピントはすんなりと左目に合焦してくれました。瞳AF機能は目を瞑っていても認識してれるのでね。さて次のニャンコちゃん登場です!

向かってくるニャンコには瞳AFは合焦し辛い。

中には野良では有りますが、人に全く警戒心のないニャンコちゃんも。

私の方に向かって来ました。この状態ではピントは合いませんでした。

この位の状態でも目にフォーカスは合いませんでした。

被写体の移動が少ない状況では瞳AFが追随する。

以下の3枚の写真ではねこが顔を横方向に動かしています。

この位の動きであれば瞳にフォーカスポイントが追随していました。

ネコでの瞳オートフォーカスのまとめ

やはり正面を向いた状態で、画面内で顔が大きく認識出来る場合はピントが合いやすいです。逆に、遠くから向かってくるのネコの様に画面内に占めるの顔の大きさが小さいく、動きが速い場合はピントは合いませんでした。

動物園で撮影してみた

撮影場所:仙台市八木山動物公園

カメラは以下の設定で撮影しました。

  • フォーカスエリア:ワイド
  • AF:C
  • コンテニュアス
  • モード:A絞り優先

残念ながらファインダー内の画像は用意出来ていません。☆数の判定と感想のみになっていますのでご了承ください。☆は個人的な5段階評価になっています。イヌやネコで得られるであろう瞳AF効果を☆5としています。

クロサイの場合

判定

真横からの撮影場合、AFは角や耳に合焦してしまいました。

殆ど目にはピントが合いませんでした。ごく稀に目にピントが合う程度なので実用的に瞳AFの使用は期待できないでしょう。

イヌ・ネコと顔つきが全く異なるのは勿論のこと、目が小さいのも認識されない要因かもしれません。

フラミンゴの場合判

判定

全く瞳AFは合いませんでした。まあ、これは当然でしょうか。

ゾウさんの場合

判定

正面から撮影出来ませんでした。側面から瞳AFは合いませんでした。

これはイケるかと思いきや、ダメでした。顔面に対して目の大きさが小さすぎるのでしょうか?今日気が付いたのですが、大きな動物でも目は極端に大きくないのが不思議でした。

カバさんの場合

判定☆☆

目が凸になっているからでしょうか?意外と瞳 AFがあう場面がありました。水中から顔を出した時にもピントがあったりして驚きです。

チンパンジーの場合

判定

チンパンジーはイケるかと思っていたので厳しい結果になりました。黒い毛に覆われていることも影響していると思います。そして意外と堀が深い顔立ちなので目も奥まっています。

人間用瞳AFも試してみましたが合焦することはほぼありませんでした。と言う事は人間も顔中毛を生やしている場合は瞳AFは難しいのかもしれません。残念。

カンガルーの場合

判定☆☆☆☆
意外な伏兵、カンガルー。結構瞳AFキテます!

それでは草原のジャンピングマイスター、カンガルーさんはどうでしょうか?こ、これは意外と大健闘です!

カンガルーの顔は意外とイヌと似ていますね。カンガルーの顔の造形について考えることなどまず無いので良い経験でした。

アライグマの場合

判定☆☆☆
アライグマの顔付はバランスが取れていますね。

さて次は動物園の人気者アライグマです。アライグマも結果は良好でした。目や耳の位置はやはりネコと似てますよね。

食事で静止に近い状況ですと結構ピントが合います。動きは早いので、動体撮影は難しいです。

対州馬の場合

判定

お馬さんはイヌネコとは顔の形状がかなり違いますよね。

目の部分が黒いこともありピントが合う事はありませんでした。

スマトラトラの場合

判定☆☆☆☆

トラが正面を向いてくれました。

この様な状況下ではピントが来易いです。

動物園の人気者のスマトラトラです。こちらはやはり猫の親戚なので瞳AFの威力が発揮されます。毛の模様が複雑なので瞳AF作動するか心配でしたが、意外と使えました。

ウミネコ場合

判定☆☆

何故か目にAFポイントが!

目と毛の色のコントラスト差が大きいからでしょうか?

いつも動物園の片隅でひっそりと佇んでいるウミネコさんです(涙)

不思議とピントが合うことがあります(笑)白い毛に目がハッキリと認識できるからでしょうか?同じ鳥類のペンギンさんはヒットしませんでした・・・

動物瞳AFまとめ

早くニャンコ撮影で使いたい!

今回は駆け足での撮影でしたので、今後撮影した場合はその印象を追記していきたいと思います。

瞳AF動物対応を使用してみて

今回瞳AFを使用した印象は、イヌ・ネコと似た顔の造りの動物(例えばトラ・アライグマ・カンガルー)はやはり瞳AFがヒットする可能性が高かったことです。

反対にキリンや馬などの面長の動物は殆ど目にAFポイントがヒットする事はありませんでした。

撮影しながら感じたのは、体毛が少なく、目の判別がし易いヒトの顔の形状がかなり独特だと言うことです。他の動物は形状な千差万別なので、全ての動物に瞳AFを当てるのは現状ではまず難しいのではないでしょうか。

イヌやネコ以外で瞳AFを使用すべきか?

今回の撮影で感じたのは、イヌネコ以外の撮影で、全く瞳AFが作動しなそうな場合以外には、当該機能をONにた方が良いと言うことです。

そもそも7Ⅲのゾーン・ワイドAFが優秀で、一度AFを稼働させれば、動物や鳥の頭部にAFを的確に当ててくれるケースが多いです。それにプラスして瞳にAFが来てくれば儲けものなのです。

これ程の機能の追加は正直異例かも

新機種ではなく、現行機種にこれだけのアップデートを施すケースはかなり異例なことだと思います。特に動物瞳AFは今までの撮影スタイルを変化させる画期的な機能ですので、今回のSONYのアップデートには感謝したいと思います。さらなる機能のアップに期待してしまいますね!

コメント