スポンサーリンク

スズキハスラー インテリア・バーで天井収納スペースをつくる

foto la vida
スポンサーリンク

はじめに

遠征での撮影やキャンプで何かと必要になる車内の収納スペース。特に天井スペースがあったらいいなと思っていたのですが、本格的なものは結構高価で購入に二の足を踏んでいました。そんな中カー用品店で発見したのがクレトムインテリア・バー [KA-30]  です。

天井のアシストグリップに掛けるだけという何ともお手軽なアイデア商品なのです。このインテリア・バーを2本使い、前後のアシストグリップに撮りつければ簡単に天井収納スペースが生まれるというわけなのです。

ハスラーに取り付け可能か?

運転席側にアシストグリップが無い
現状では後部座席上部にインテリア・バー1本しかかけられない

これは良いやと思い早速スズキハスラーへの取り付けを検討。しかし私のハスラーには運転席側にアシストグリップが装備されていません。そんな車にも天井収納スペースの夢を叶えてくれるアイテムがこちら。

赤丸の部分を車体側アシストグリップに括り付けます

この前後取り付けパーツを使用すれば運転席側にアシストグリップが無くてもこんな感じに夢の天井収納スーペースが作れてしまうと言う・・・いやーアイデアですね。

取り付け

前後取り付けパーツの取り付け

付属のベルクロのバンドで取り付け

アシストグリップに付属のバンドで前後取り付けパーツを取り付けます。

左右のアシストグリップに前後取り付けパーツを付けた状態

インテリア・バーの設置

一応完成

後は前後取り付けパーツの上にインテリア・バーを乗せることで一応の形にはなるのですが・・・

正直このままの状態では荷物を載せるには不安な感じです。前後取り付けパーツとアシストグリップの取り付けが甘くて、荷重かかかったまま運転すると外れそうな感じでです。

対処方法として結束バンド・リリースタイ(リピートタイ)を使用して固定することに。

リリースタイで固定力増強

緩められる結束バンド

私はホームセンターで200mm 50本入り購入しました。今回は50本も使いませんが今後何かと用途はありそうです。

ハスラーの場合長さ200mmで間に合いましたが、車種によっては300mmの方が良いかもしれません。

リリースタイで固定した状態

こんな感じにリリースタイで結束します。リリースタイの色は見た目黒色の方が良かったですが、この辺はお好みで。これでかなりガッチリと固定され安心感が増しました。

ついでに前後取り付けパーツインテリア・バーも結束

この辺も念のため結束固定しました。

メリット・問題点

これで夢の天井収納スペースが完成しました。今のところキャンプに出掛ける予定は全く有りませんが気分的に盛り上がります。これ大事ですよね。

良かった点

  • 長尺物の収納スペースを設けられる
  • 簡単手軽に天井スペースが設置可能

ハスラーの場合長尺物の収納が苦手なので、頭上にこの様な収納スペースが生まれるのはありがたいです。上の写真は試しに軽量三脚を載せてみましたが個人的にはもっと軽めのものを載せようかと思っています。釣りのロッドなんかは良いかもしれません(勿論自己責任ですが)。

イマイチな点

  • ハスラーの場合後部座席が使用出来なくなる
  • 前後取り付けパーツの固定力が不安

ご覧の通り後部座席の頭上スペースは犠牲になってしまい、後部座席への着座は残念ながら不可能になってしまいます。後部は荷室に割り切れる場合のみの使用になってしまいます。まあこの点はハスラー車の問題なので仕方が無いですね。

ネットを装着してみた

ネットを掛けてみるさらにレジャー仕様車らしい雰囲気に!自分の場合この使い方にする予定。帽子やレインスーツなど軽量のものを収納する予定です。ちなみに今回使用したのは以下のネットです。

まとめ

やはり天井に収納スペースがあると何かと便利。自分は外出作業の帰りに温泉に入って帰る場合が有るのですが、濡れたタオルを干したりと活躍の場は色々と有りそうです。本格的とまではいかないまでも、オプションパーツも豊富ですし工夫次第で車移動が楽しくなる製品ではないでしょうか。

コメント