【Apple TV 4K】iPhoneを使った接続・初期設定方法

フォト造りTools

最近ようやくApple TVを購入したので、iOS(iPhone)を使用した接続・初期設定方法についてまとめています。

「今更Apple TVですか!」と笑われてしまいそうですが、Macで無料期間中に視聴したApple TV+のドラマにドハマりしてしまい・・・TVでも見たくなり今回Apple TV 4Kを購入してしまったワケなのです。

本記事で使用しているのはApple TV 4K(第2世代)です。

事前に準備すること

Apple TV 4Kの開封した状態。HDMIケーブルは別売り。

Apple TV 4K (第2世代)〜 HDMIケーブルの選び方

Apple TVではHDMIケーブルは別売なのですが、まず迷ったのがケーブル選びでした。

機種(世代)によりHDMIのバージョンが異なるので、HDMIケーブルの選び方について簡単に整理しておきます。

Apple TV HDMIのバージョンの違い
  • Apple TV HD ・・・・・・・・HDMI 1.4(ハイスピード)
  • Apple TV 4K(第1世代/2017)・・・HDMI 2.0a(プレミアムハイスピード)
  • Apple TV 4K(第2世代/2021)・・・HDMI 2.1(ウルトラハイスピード)

私の話をしますと、自宅は未だにHD対応TV。本来ならApple TV HDとHDMI 1.4の組み合わせで十分なのですが、そろそろTVの買い替え時期なのでApple TV 4K(第2世代)を購入しました。

Apple TV+とDAZNの視聴がメインで、個人的には4KとHDRが対応来していれば十分なので、HDMI 2.0aタイプをお店で本体と同時購入しました。

ネットで探すと上位のHDMI 2.1(ウルトラハウスピードケーブル)でも、最近は求めやすい価格で販売されているんですよね。
HDMIケーブルは下位互換性が有るので、近いうちに8Kを見据えている、ハイスペックゲームを楽しみたい方は上位規格のHDMI 2.1対応製品を検討した方が良いでしょう。

iPhone(iOS)等の設定

Apple IDや自宅のWi-Fi設定をApple TVに自動的に追加するには、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを使用した設定が簡単でお勧め。

面倒なApple IDやWi-Fiパスワードの手入力が省略できまるので、Apple IDの登録やWi-Fi設定はテレビに取り付ける前に済ませておきましょう。勿論「手動で設定」も可能です。

iOSを使用した設定で事前に準備しておくこと
  • 2ファクタ認証を有効に
  • 念のためiOSを最新バージョンにアップデート
  • iCloud キーチェーンを有効に
  • Bluetooth を有効・Wi-Fi接続しておく

接続・初期設定方法

接続

あっ、ホコリがすごいですね!お恥ずかしい・・・

まずは物理的な接続からスタート。

といっても、電源ケーブルを入れたらHDMIケーブルをテレビと接続するだけですけど。

初期設定

まずは毎度お馴染みのごグリーティング画面

リモコンの中央ボタンを押すとセッティングが開始されるので、基本的には画面の指示に従っていけば大丈夫です。

言語・国地域の選択

Apple TVのリモコン(正式にはSiri Remoteですが面倒なので以下『リモコン』と記載)の【クリックパッド】を上下にスワイプし任意の言語・国/地域を選択し、中央のボタンを押して決定します。

因みにこちらのSiri Remoteは単体で購入すると結構高価!犬や猫に持って行かれて紛失しない様にしましょう。

iPhoneでApple TVを自動的に設定

次はiPhone(iOSデバイス)を使用してApple TVの自動設定を行います。

Apple IDの登録やiPhoneでWi-Fi等の諸設定がまだの場合は、次に進む前に済ませておきましょう。

今回は【iPhoneで設定】から進みます。

iPhoneの設定が完了したら、Apple TVに近づける

  • iPhoneのロックを解除
  • Wi-Fiネットワークに接続
  • Bluetoothをオン状態に
  • デバイス(iPhone)をApple TVに近づける

iPhoneをApple TVに近づけると『新しいApple TVを設定』の表示がひょっこりと現れるので【設定】から進みます。

【設定】からスタート

認証コードを入力

【iPhoneで設定】から設定に進むと、TV側に4桁の認証コード表示されます。

Apple TVに表示されている数字4桁の認証コードを入力。

Wi-FiとiCloudが自動的に設定される

Wi-FiとiCloudが自動的に設定されます。

【手動で設定】から進むと、Wi-Fi やApple ID の設定入力を手動で行うことになりとても面倒なので、やはりiPhoneでの設定がおすすめです。

Apple TV Remoteの設定

以上で設定はほぼ完了です。

最後にApple TV Remoteの設定を行います。

立派なリモコンが有るので、最初は使わないと思っていましたが、これがたまに役に立つんですよね。

物理リモコンが突然反応しなくなり、iPhoneの TV Remote で操作したことも。その後リモコンは復活したのですが、保険として TV Remote も使用できることを覚えておいた方が良いでしょう。

リモコンを紛失したり使用出来なくなったら、こちらのApple TV Remoteで操作する感じすかね。

参考

TV Rremoteはコントロールセンターから簡単に呼び出せます。

✳︎コントロールセンターの表示は画面右上から下多方向にスワイプ

購入時のパスワード要求・その他設定

ここではアプリやコンテンツ購入時のパスワード要求と情報共有等のカスタマイズ設定を行います。

私の場合、ほぼ自分しか使用しないのでパスワードは【要求しない】を選択しました。

TVプロバイダの設定

TVプロバイダに関しては【今はしない】を選択しました。

TVプロバイダ経由でApple TVが届いた場合は、こちらからTVプロバイダで登録したアドレスでサインインするみたいです。イメージとしては『ひかりテレビ』で送られてくる「ひかりTVチューナー」の様な感じでしょうか?あまり理解していなくてゴメンなさい。

ただし日本は対応してるケーブルテレビ局やサービスは(おそらく)現在無い様なので【今はしない】から進みました。

まとめ

以上Apple TVの初期設定についてまとめてみました。普段iPhoneなどのiOSデバイスを使用している方であれば超速で設定は完了し、後はドラマや映画を楽しむだけの状態に。

Amazon primeやNetflixやなどと比較して、コンテンツ数はまだ少なめのApple TV+ですが、質的にはかなり高いのものがあるので、一度見始めるとハマってしまう可能性は高いですよ。

コメント