スポンサーリンク

12.9 iPad Pro Smart Key board Folio 英語UK配列 特徴や重量は?

PC関連備忘録
スポンサーリンク

Smart Keyboard Folio UK配列は即納だった

基箱の写真US配列ですかね。

12.9インチiPad Pro Wi-Fi + Cellular 256GB – スペースグレイの本体の到着を首を長くして待っている筆者ですが、iPad Pro本体よりも先にSmart Keyboard Folioが到着。今回購入したのは以下のタイプです。

12.9インチiPad Pro(第4世代)用Smart Keyboard Folio – 英語(UK)

そう、キーボードの配列をJISやUSでは無く UK配列(イギリス式)なのです。

UK配列のSmart Keyboard Folio 、日本に在庫が有るんですね。ちょっと驚きでした。

iPad Pro本体が届くのはまだ先の様なので、今回は先に届いたUK配列 Smart Keyboard Folioと触れ合いたいと思います。

12.9インチ Smart Keyboard Folio UK配列の重さは417g

417g

持ち運びするデバイスの場合、重さが気になると場合が多いと思うのですが、何故かAppleのサイトでは記載がないんですよね・・・。

計りでの実測で重量 417g でした。家庭用計りなので参考値ということで。

一般的な携帯用Bluetoothキーボードの重さが約200g前後として、iPadProの保護機能も備わっていることを鑑みれば417gという数字は納得出来る重さでしょうか。

個人的にはiPad Proの側面も保護してくれる構造だと良かったのですが・・・電源が無くても使えるのはやはり便利ですね。

UK配列 Smart Keyboard Folioと御対面

今までの長い人生の中で初となるUK配列キーボードとの御対面です。
今まで11インチ 2018タイプを使用していたので特に違和感を感じることなく使用出来そうです。

カメラ部分の切り抜き部分が大きくなったのは当然として、Appleマークが付いたの点がビッグマイナーチェンジでしょうか。
出来ればカラーバリエーションが有ると良かったのですが・・・汚れて来たらまた工作しちゃおうかな・・・。

英語UK配列とJIS配列の違い

実際目にしてみますと、

意外と違和感を感じません。

これはBluetoothタイプでUSキーボードに慣れているという理由だけでは無く、リターンキー【↩︎】の形状がJIS配列と似ていて何か安心感すら感じさせてくれます(少し小さいけれど)。

上:JIS配列 下:UK配列

MacBook Proで使用しているJIS配列キーボードカバーがあったのでUK配列のSmart Keyboard Folioの上に載せて比較してみました。
12.9インチ用ですと通常のフルサイズキーボードとキーピッチは変わらないみたいです。

やはりUK配列は随分スッキリとしていて好印象。
キーボードを選択出来るのもApple製品の特徴なので機会があれば英語キーボードを選択してみるのもいいかもしれません。

日本国内のみで使用するのならJIS配列の方が実用上何かと便利でしょう。
UK配列キーボードの会社は稀でしょうし。
しかし筆者の様な物好きもいますし、実際使用してみるとJIS配列よりも使いやすい点もありそうです。

JISのキー配列は左寄り

上:JIS配列 下:UK配列
JIS配列の方がUK配列よりも左に寄っている

JIS配列の場合UK(若しくはUS)と比較して配列が左寄りなんですよね。必然的にホームポジションも少し左に寄ってしまうことに。

例えば右親指で【スペース】を押す場合にJISの場合狭いスペースを押さなければならない一方でUK配列の場合は余裕を持って押すことが出来ます。
また【DEL】を押す場合UK配列の方が押しやすいですね。【DEL】キーのサイズもJIS配列のそれよりも大きいですし。

€(ユーロ) £(ポンド)キーが有る

上:UK配列 下:JIS配列

UK配列なので【£】(ポンド)キーが!何気に【€】(ユーロ)まで装備。
自分の場合、今後使用することは無いと思われます(笑)。

【¥】エンキーは残念ながら無い

割と使用頻度の高い【¥】がないのが不便な点かもしれません。ただし【option】+Yで¥が表示されます。

【@】アットマークの位置が異なる

UK(US)配列では【2】のキー部分に【@】が配置されています。
この辺は慣れれば問題ないでしょう。

まとめ

iPad用のキーボードの場合冒険して英語配列(US・UK)を選択するのもアリでは!?

MacBookの場合購入後にキーボードの変更をすることが出来ませんが、iPadの場合後から交換可能。気になる方は英語配列のキーボードを検討してみてはいかがでしょうか?
かな表記の無いシンプルな見た目の良さだけではなく、入力の生産性が上がる可能性も秘めています。

ただApple純正は気軽に求めやすい価格とは言えないので、他の安価な英語配列キーボードを試してから検討するのも一計でしょう。

以上12.9インチ Smart Keyboard Folio 英語UK配列についてお伝えしました!

コメント