スポンサーリンク

Apple Watch Series 6 色選び グラファイトステンレスの色合いは?

AppleWatchをはめた画像 foto la vida

Apple Watch Series 6が発売!ケースの素材とカラー選びは本当に迷ってしまいますよね。訳有ってSeries 4 「シルバーアルミニウム」からSeries 6 に買い替えすることになったのですが、案の定カラー選択でかなり迷うことに。結局は「グラファイトステンレススチール」に決定したのですが、グラファイトがどの様な色かはっきりしないままApple Storeにオンライン注文してしまいました。今回はグラファイトステンレスの色合いについて実写を交えながらレビューしていきます。

迷い猫
迷い猫

近くの大型家電量販店のAppleコーナーでは「シルバーアルミニウム」と「スペースグレイアルミニウム」の2点しか展示されていなかったよ。
グラファイトってどんな色なんだろう?

Apple Watch Series 4からSeries 6へ買い替える際の利点については以下の記事で紹介しています。

今回Series 6の購入にあたりAppleの下取りシステム「Apple Trade In」を利用してみました。その時の体験を記事にしていますのでよろしかったらご覧ださい。

スポンサーリンク

Apple Watch Series 6のカラーバリエーションは?

シリーズ6でのカラーバリエーションは以下の通り。

ケース素材ケースカラー
アルミニウムスペースグレイ/シルバー/ブルー/(PRODUCT)REDアルミニウム
ステンレスシルバー/グラファイト/ゴールド
チタニウムスペースブラック/チタニウム

新色では「ブルー」と「(PRODUCT)RED」が発表されましたね。
特に「ブルー」はかっこいいなと思います。新しい「ブレイデッドソロループ」もいい感じ。

画像 Apple

今回迷ったカラー 「グラファイトステンレス」or「チタニウムスペースブラック」

今回検討したカラー
  • ステンレスのグラファイト
  • チタニウムのスペースブラック

以前使用していたのは「シルバーアルミニウムケース」、その以前は「シルバーステンレススチールケース」を使用していました。今回は少しおとなし目の色にしようと思い上記の2色に絞り込みました。

グラファイトステンレススチールケース」とグラファイトミラネーゼループ

画像 Apple

Apple Watch Edition

「スペースブラックチタニウムケース」とグラファイトミラネーゼループ

画像 Apple

「スペースブラックチタニウム」はApple Watch Editionなので、私が店頭でお目に掛かる可能性はまずナシ。素材としては軽量で魅力的なのですが、アルミニウムのスペースグレイとの違いがどれほどか気になりました。

「スペースグレイアルミニウムケース」とグラファイトミラネーゼループ

ムムッ、スペースグレイとグラファイトミラネーゼループ と組み合わせは中々良い感じ、いい仕事してますね。

画像 Apple

「スペースブラックチタニウムケース」「スペースグレイアルミニウムケース」、ネットの画像オンリーでは違いが分かり辛いと思います。でも良く見ると違いはやはりあって、チタニウムの方が色域に奥行きが有り少々明るい感じです。この辺はAppleサイトの『好きなスタイルを作る』で見比べてみて確認してみてくださいね。

正直なところ、「スペースブラックチタニウム」の素材感は自分にとって決定打にはならず。「グラファイトステンレス」に決定しました。

グラファイトミラネーゼループにはやはりグラファイトステンレスがベストマッチ

グラファイトミラネーゼループ

今回のシリーズ6では新発売「ソロループバンド」も話題になっていますよね。特に「ブレイデッドソロループ」は人気が高いみたいですね。しかしながら、私が気になっていたのは「グラファイトミラネーゼループ」。こちらも今回の新色で、「グラファイトステンレススチールケース」にベストマッチなのは間違いナシなのです。

グラファイトステンレススチールケースに決定したが・・・

「他の素材・色より良さそうだから」という消去法的理由からケースは「グラファイトステンレス」に決定。何か支持政党アンケート結果みたいですね(笑)。さて、ポチッとする前に、以下の問題で少々躊躇ってしまったのです。

どうもグラファイトという色が分からん・・・

グラファイトの色合いがどうも分からなかったのです。店頭にも無いし・・・でも何だか良さそうだったので一か八かの賭けでオーダーしてしまった。

グラファイトとは?

イメージ シャープペンシルの芯

グラファイトと言うと、石墨や黒鉛と訳され身近なものでは鉛筆の芯を思い浮かべる方も多いかと。往年のマックユーザーであればiMacや壁紙でもグラファイトカラーを思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。鉱石としてのグラファイトですと上の写真の様な黒灰の様な色合いです。

一方、下の画像は色見本上のグラファイト、Photoshopで♯595e52で色指定したもの。

グラファイトの色サンプル

ムムッ、鉛筆の芯とはまた違った色合いで、暗めの赤紫と言った感じでしょうか。必ずしもこの色サンプルとApple Watchのカラーが合致する訳ではないのですがご参考まで。

ではApple Watchの「グラファイトステンレス」の印象は?

クロネコさんが届けてくれたダンボール箱をオープン、するとそこには「グラファイトステンレス」Apple Watch Series 6。そしていざ開封!その第一印象は、

「ネットで見る印象と大分違うな!」(いい意味で)

ネットで見る色合いでは光沢感の有るちょっと明るめのスペースグレイを想像していました。現物は光線状況によって七変化の様を呈しています。正直自分が撮った写真で色合いをお伝えするのは難しそう・・・でも一応撮影してみました。雑な写真ですみません・・・

迷い猫
迷い猫

イメージと違っていてちょっとビックリしたよ!
でもステンレスの輝きと相まって光線で変化する表情がGOOD!

上の写真を見るとスペースグレイっぽくも見えるのですが、ディスプレイのブラックも視覚的に影響するみたいですね。

以下の3枚の写真を見るとまた違った感じに見えます。

左:シルバーアルミニウム 右:グラファイト
左:グラファイトミラネーゼループ
光沢感がすごい!

ステンレスの光沢感が凄まじく、周囲の映り込みが激しくお恥ずかしい限り。ただ色合いに関しては少し赤紫っぽい風合いを感じて頂けましたでしょうか?

まとめ

以上「グラファイトステンレススチールケース」(長い!)のカラーについてレビューしました。グラファイトは光線によってケースの表情変化を楽しめる色合いと言えるでしょう。華やかな印象のある「シルバーステンレスケース」とは別の落ち着き感のある色調の選択肢としてかなり有力な候補になること間違いナシ。私はネット情報だけでオーダーしてしまいましたが、出来ればストアで現物を見て頂くことを強くお勧めします。

迷い猫
迷い猫

是非ストアで「グラファイトステンレス」の現物を確認してみてください!

コメント

  1. どんちゃん より:

    はじめまして!
    先日、この記事を拝見してseries6のスペースグレイアルミニウムからグラファイトステンレスへ買い換えました!数あるブログの中で最も色合いがわかりやすく、ありがたかったです。

    そこで質問なのですが、グラファイトステンレスとミラネーゼループを使用されているようですが、保護ケースなしで使用した場合、本体への傷は如何でしょうか?本当はミラネーゼループを追加購入したいのですが、本体を傷つけやすいとの意見を散見するので迷っております。教えていただければありがたいです!

    • obanon obanon より:

      コメント有難うございます。
      それからグラファイトステンレスの買い替えおめでとうございます!
      当方の場合ミラネーゼループが直接傷の原因になることは無いのですが、ステンレスケース自体が傷が付きやすい(と言うか光沢感が強いので目立ちやすい)印象があります。既にケースをぶつけて薄い傷が入ってしまいましたがあまり気にしない様にしています。
      純正ミラネーゼループ自体はバリも無く、本体に傷をつけるとしたら装着時にうっかりケースに接続部を接触させてしまった場合かなと想像しますが特にそういった状況は発生していません。
      グラファイトミラネーゼループとケースとの一体感は、やはり他のバンドより美しいので気に入っていますよ。