スポンサーリンク

快適な背負い心地 THE NORTH FACE Kaban カバン レビュー

foto la vida

最近通勤用バックパックとしてザ・ノース・フェイス [ THE NORTH FACE ]の「カバン Kaban」を愛用中です。このKabanという名のバックパック、中々使いやすいので今回レビューしていきますね。

スポンサーリンク

ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE] Kaban カバンについて

製品名が「Kaban」とちょとユニークな名称ですが、日本国内専用製品ではなくUSA本国でもラインナップされている製品。

とてもシンプルなデザインに26Lの容量に15インチまでのPCが収納可能と通勤やビジネスに使いやすい仕様のバックパックです。簡単なスペックは下記をどうぞ。

「カバン Kaban」のスペック

  • 【容量】26L
  • 【質量】1,210g
  • 【寸法】(H×W×D) 47.5×34×14.5cm
  • 【材質】900DポリエステルTPEコーティング

私が使用中のカラーは日本向けでは「K ブラック」とされていてマットな表情が中々クール。購入した時には「K ブラック」しか選択肢が無かったのですが、USA本国では様々なカラーがラインナップされているみたいですね。今回は通勤向けでしたのでこの色合いに満足ですが、日常使いには他の色合いでが欲しい場合もあるかもしれません。

外観レビュー

それでは初めに外観からみていきましょう。

スリムで威圧感のないシルエットが◎

マチが14.5cmと細めなのでサイドからの眺めるととてもスリムでスッキリとした印象。私が使用しているカラーがブラック系と言うこともありますがかなり締まって見えます。

底部には小さなライトなどがクリップオン可能になっています。

 背面パネルのフレックスベント(The FlexVent™)は結構快適 

フレックスベントと呼ばれるパネルは凸と溝で構成されていまます。

背面パネル部分:脊柱を中心に射出形成されたブロックが形成されています。

夏は通常Tシャツの上から背負うことが多いのですが、射出成型された大きめの凸ブロックと溝により身体とパッドの間に程よい空間を作り出してくれています。

デイバッグですとメッシュを張ってリュック背面と通気用の空間を設けているものもありますよね。このフレックスベントは直接背中と触れてしまう構造なのですが意外と不快感はありません。背面部がPC用スリーブになっているので一定のクッションの役割も期待できそうです。

この記事を書いている時点で外は大変な酷暑なのですが、今まで背負ってきたバックパックよりも快適に感じます。

両サイドのウォーターボトルポケットも◎

両サイドにはウォーターボトルポケットが装備されています。

私は常時片側に折畳傘を、もう片方にはサーモスの500ml水筒を入れています。逆さまにでもしない限り飛びててくることは無さそうです。

ポケット部の素材はフレキシブルではありません。大きなものを挿入するとその分中のスペースは圧迫されてしまいますが、デザイン性を考えればネガティブに感じことはありません。

スターナムストラップ付き。何気に重要ポイント

自分がバックパックを購入する際に重視するのがスターナムストラップ(Sternum strap)が装着されていることです。

これは自分の体型によるものなのかもしれませんが、少し気合いを入れて歩く時などはこのスターナムストラップが有るのと無いのとでは身体の負担に大きな違いが生まれてきます。

私の場合はスターナムストラップを装着すると肩コリがかなり軽減されます。

収納部レビュー

背面部のPCポケットはイジェクター機能付き

PCは一番背面に収納するスタイルです。内側はオレンジ色で収納物が認識しやくなっています。

下の写真は13インチのMacBookProを入れた状態です。スペック上では15インチのPCが収納可能とされています。

インジェクター機能でPCを引き上げた状態

ハンドル部分を引き上げると収納されたPCが引き上げられる仕組みになっています。正直この機能があったほうが良いのか自分にはまだ分かりません。

メインコンパートメントはシンプルな1気室

メインの収納部は一気室でシンプルな作りです。開口部が大きいので出し入れはしやすいですよ。

フロント収納部

ペン用スリーブ等が備わっています。

写真のようにフロント部分は大きく開くことができます。ファスナーは片側からのみ開け閉めできるタイプです。

携帯用スリーブに入っているのはiPhone7です。PC用ポケットの様にイジェクター機能が備わっています。ベロを引っ張ると下の写真の様にスマホが引きあげられます。

タブレット収納部

iPadPro11インチにスマートキーボードフォリオを取り付けた状態です。

あまり余裕はないので11インチより大きなタブレットの挿入は難しいでしょう。

その他の収納部

上部のメッシュ状のポケットにはアダプターやUSBケーブルを入れると丁度良い感じです。

一番上の収納部はイヤホンや財布等を入れています。

まとめ

以上ざっくりとですが「Kaban カバン」のご紹介でした。

通勤・通学・日常にも場所を選ばず使えるバックパックです。

デザイン、スマートな収納などメリットは多数ありますが、中でも特筆すべきことは背負い心地がとても良好なことです。

PCなどのガジェット類を携帯するとどうしても中身が重くなりがちですよね。そんな時にこの「Kaban カバン」は快適な移動を手伝ってくれる心強い相棒になってくれることでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございます!

コメント