フレンチプレスで淹れるコーヒー〜いつもと違うコーヒー豆本来の味わいを!

foto la vida

今回はフレンチプレス式コーヒーについて書いていきます。
ペーパードリップだと、いつもの同じ味の再現が難しく感じることがありますよね。
一方フレンチプレスでは、手軽にいつもと同じ水準のコーヒー淹れることができます。
ペーパードリップとは異なるコーヒー豆本来味が楽しめるフレンチプレスを試してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

ペーパードリップorフレンチプレス?

コーヒーの世界、とても奥が深いですよね。
スタバなどコーヒーチェーンでもコーヒーセミナーが開催されているくらいですし。

淹れ方で何がベストなのか・・・自分なりにかなり浅い試行錯誤の末に辿り着いたのがフレンチプレス方式です。

呼び名はカフェプレスコーヒープレス等と言われることもあります。

フレンチプレスで淹れる理由

BODUM ボダム CHAMBORD シャンボール フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 1924-16J

今まではペーパードリップオンリーだったのですが、毎回同じ様に淹れるのってなかなか難しいんですよね。

単純な作業の様に見えて結構奥が深い。
ムラっ気のある性格がそのままコーヒーに出てしまうと言いますか・・・正直お客様にお出し出来るレベルではありませんでした。

ある時コーヒーショップでフレンチプレスに出会い、興味本意で購入してみたのですが見事にハマりました。
同じ豆をペーパードリップで淹れるのとはかなり異なる味わいです。

私には合っているのですが、この辺は人それぞれですので、フレンンチプレスで良かった点と気になった点を以下に挙げてみます。

フレンチプレスの良い点

  • とても簡単
  • 淹れかたが決まっているので出来上がりにムラがない(スキルが無くてもOK)
  • 好みにもよるが雑味のあるテイストが得られる

繰り返しになりますが一番のメリットは味の再現性が高いこと。豆の管理と抽出時間を守ればほぼ同じコーヒーの味わいを出すことができます。

味としてはドリップのスッキリとした味わいとは対極的な雑味とほのかに感じるコーヒー豆の油成分を味わうことが出来ます。

この辺は好みの問題で、フレンチプレス推しの記事を書きつつも、たまにペーパードリップで淹れたくなる自分が居ます(笑)

フレンチプレスで気になる点

  • コーヒー粉の処理が若干面倒
  • スッキリとした味わいが好きな人には向かない
  • どうしてもコーヒー粉が入ってしまい下部に沈殿する

デメリットというものでも無いのですが上記4点を挙げてみました。テイストに関してはメリットとデメリットは表裏一体、私はどちらも好きです。

コーヒー粉の後処理〜園芸の防虫用に使用

コーヒー糟はカップ麺の空き容器に入れています。

ちなみにコーヒー粉の後処理ですが、抽出後のコーヒーかすをスプーンで取り除きカップラーメン等の空き容器に入れて保存しています。

ある程度溜まったら、我が家では園芸での防虫剤として使用しています。
そのままパラパラ撒いているだけなのですが、害虫が寄り付き辛くなるみたいです。

その他には脱臭効果も期待出来るので、灰皿に敷いたりする光景はよく見られますよね。

フレンチプレスでの淹れかた

フレンチプレスメーカーですが、私は500mlのボトルに入れるのに丁度良いコーヒーメーカーを毎朝使用しています。
様々なメーカーから発売されていますので、自分が使いやすそうなものを選べばOKです。

タンブラー1杯分であれば350mlのタイプの方が丁度いいです。

さてフレンチプレスでの淹れ方ですが、方法は至って簡単。
私はお店でコーヒー豆を挽いてもらうときは一番粗めでお願いしています。カルディさんやジュピターさんなどのお店で「一番粗目で挽いてください」と伝えればOKです。

付属の軽量スプーン すり切りで約7g

  1. ビーカーにコーヒー(挽き方は粗挽きで)を投入 付属の計量スプーン(一杯7g)で500ml分作るには4杯分です。
  2. お湯を投入
  3. スプーンなどで混ぜる
  4. 蓋をして4分待つ
  5. 出来上がり

ドリップで入れるのと違い本当に簡単です。

ちなみに私はお店ではなく、電動コーヒーミルを使い自宅で挽いています。
これだと挽き方調整出来てとても便利。
詳しくは別記事にしていますのでご覧ください。


アウトドアでもフレンチプレス

スノーピーク(snow peak) チタンカフェプレス3カップ CS111

初めはキャンプ用で使用していたこちらの製品を家庭でも使用していました。

スノーピーク(snow peak) チタンカフェプレス3カップ CS111

コンロで直火加熱OKなのはアウトドアでは嬉しいですね。

実際に使用してみるとコーヒー粉は結構残ります(個人的な感想です)。
それでも外で飲むコーヒーは格別なのです!!!キャンプには欠かせないアイテムになっています。

まとめ

以上コーヒーのフレンチプレスについてでした。

ペーパードリップで淹れるコーヒーももちろん美味しいですが、フレンチプレスではまた違ったコーヒーの世界が楽しめますよ。

今までお客様にコーヒーを淹れるのが大の苦手でしたが、フレンチプレスを使う様になってから”チョット”自信を持ってお出し出来る様になりました(笑)

それではステキなコーヒータイムを!

コメント