スポンサーリンク

karrimor tribute 20 (トリビュート 20)カメラマン目線レビュー

foto la vida

カメラと日常生活を両立出来るバッグが欲しい・・・

最近はカメラバッグらしくないバッグが多くなってきましたが、自分のスタイルにしっくりくるものは中々見つけられません。

そんな中で白羽の矢が立ったのが今回ご紹介するkarriomor「tribute 20L」です。ちなみにこのバッグはカメラ向けでは有りません。

実は今回はカメラとは関係無しに、普段使い用のバッグを探していると一目で気に入ったバッグがこちらのkarrimorの 「tribute 20」でした。一番気に入ったのがスリムでシンプルな外観で、他のバックパックはもう目に入らない状態に。普段使いと言っても結局カメラを入れたくなってしまうので、アマチュアカメラマン目線でレビューしていきます。

スポンサーリンク

トリビュート 20 のスペック

今回私が購入したのは 「tribute 20」 (Limited model)という限定モデルです。通常タイプと異なるの点は色のラインナップで「H.black」と「H.grey」の2色展開です。

容量20L
サイズ50x30x16cm
重量770g

外観レビュー

まずは外観を写真中心で。

縦長でシャープな印象。丸みのあるデイバッグとは異なり仕事でも十分使用できそうです。
マチは16cmと細身です。この辺が好みの分かれるところかもしれません私はこのスッキリとしたシェイプが購入の決め手でした。
サイドに着いたハンドルはちょっと持ち上げる時に便利
中身のバラランスが良ければ自立可能
背面部にはメッシュが施されており、ある程度の通気性は確保されています。

ショルダーハーネス位置を安定させるチェストストラップも付属。装着時と非装着時では背負った時の快適性に大きな差が出ます。

個人的にはボトム部分に鋲が有ればさらに良かったです。

収納部

次は収納部を見ていきましょう。

上部ポケットはオーガナイズし易いように仕切が一枚。
収納例
PCの充電が可能なモバイルバッテリー・アダプター・ケーブル類を入れています。

メインコンパートメントはPCスリーブのみでシンプル。縦長なので奥から取出し辛い場合は、インナーバッグなどのオーガナイザーを使用すると良いかもしれませんね。

PCスリーブ部にはマジックテープ式のフラップがついています。

PCを収納収納してみる。

メーカーの仕様ではPCスリーブ部の収納は13インチまでとなっていますが、見た感じ余裕が有りそうです。さてどうでしょうか?

13インチPCの収納は余裕が有ります。

私のPCはMacBookPro13インチにかなり頑丈なケースUAGの「URBAN ARMOR GEAR MacBookPro 13″」を装着していますが、こちらは余裕で入れることができました。

13インチPCを入れたっ場合ヨコはかなり余裕が有ります。試しに15インチのPCを入れてみました。

自分の一般業務用で使用中の15インチPC「ヒューレット・パッカード 15.6型 ノートパソコン HP Laptop 15-da0058TX ピュアホワイト」。コスパが凄い!

15インチPCを入れるとPC上部がスリーブから飛び出してしまいました。

15インチPCを入れてみると横幅は問題なく入りますが、フラップを閉じることができません。フラップを閉じなくても良いのであれば、15インチPCもOKです。

正面上部ポケットにはペンや名刺入れ等を収納可能です。
正面下部のポケットはサイドからのアクセスになります。私は汗拭きシートを入れています。

カメラを入れてみる。

このバッグはカメラ向けでは無いのですが試しに入れてみました。

SONYのズームレンズ(FE24-105 F4)を装着したミラーレス一眼「α7Ⅲ」と交換レンズ1本です。そのままでは不安なのでクッションポーチを使用しています。

撮影機材を収納することは出来ますが、縦長なので取り出しはし辛いです。カメラの大きさ的には α7Ⅲの高さが95.6cmなのでフルサイズであればミラーレス機が限界といったところでしょうか。勿論ポイントアンドシュート中心の方であれば収納力面では問題有りません。

tribute20の中に入れている機材類です

上の写真の内容は下記になります。

  • カメラ SONY α7Ⅲ
  • レンズ SONY FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G
  • レンズ SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G
  • ストロボ Godox TT350s
  • ノートPC MacBookPro13インチ
  • スマートフォン iPhone7
  • モバイルバッテリー Anker PowerCore 20100
  • その他 予備バッテリー ケーブルなど

まだかなり余裕があるので防寒着やジム用のウェアーは入れることが出来ます。流石にシューズまでは無理ですが。

まとめ

Karrimorのtributeシリーズにはもうワンサイズ上の「tribute25」というタイプもありますが、どちら選ぶか迷うところ。

「tribute25」は5L分多い収納量と機能性で、こちらの方が実用性とには優れています。ボトムの保護が優れているのもこちらなので、大事な書類が多い場合、旅行に行く場合はこちらのバッグを選択したいです。

今回はタウン用途に割り切っていたので、迷うことなくスリムなデザインの「tribute20」をチョイスしました。電車内での取り回しも良く、日常生活では十分な使い勝手す。それとジャケットやスーツ系のファッションにも違和感が無いのが嬉しいですね。

カメラバッグとしての実用性に関しては正直△です。もちろんカメラを想定したバッグでは無いのでこの結果は当然です。しかし私は見かけ重視でこのバッグにカメラを入れようと思います(笑)。一応カメラブログなのでカメラネタを含めてのご紹介でした。最後までご覧いただきありがとうございます!

コメント