スポンサーリンク

やしま冬まつり 天寿酒造の酒蔵開放 〜下戸的酒蔵の楽しみ方

おでかけphotrip

早いものでもう2月の第2週。

この時期の東北では各地で雪まつりが開催される時期です。

雪まつりは夜がメインのことも多く、慣れない夜道のスノードライブにハラハラしちゃいますよね。

この日は秋田県由利本荘市の矢島地区で行われる「やしま冬まつり」へお出かけしてきました。

矢島駅前 雪の中すごい賑わいです。

こちらの雪まつりはお昼がメイン、特にお酒が好きな方はさらに楽しめるお祭りなのです。

実は私、お酒が全く飲めません>_<

本当は飲んでみたいんですよね・・・特に日本酒が。

でも、そんな私でもでも十分楽しめちゃうんです!

今回はそんな下戸の観点からおレポいたします。

スポンサーリンク

やしま冬まつりとは?

矢島駅前の広場ではそり遊びが楽しめます。

秋田県の由利本荘市矢島駅前広場を中心に開催される雪まつり。

平成31年は2月9日(土曜日・祝日)の開催でした。

矢島駅前広場では子供達がそり遊びに夢中になっていますが、ここは大人も楽しい雪まつり会場!ナ、ナント、近隣の2箇所の酒蔵が無料開放されてしまうのです!

その酒蔵は矢島駅付近にある「天寿酒造」と「佐藤酒造店」の二ヶ所です。

今回我々下戸夫婦は「天寿酒造」さんの酒蔵開放に行ってきました。

天寿酒造の酒蔵開放

道中酒瓶が入った袋を持つ人々を見て期待が高まります。

矢島町のまちなみ

矢島駅から3分ほどで天寿酒造さんに到着しました。

まずは受付を済ませて試飲用のカップをもらいます。

そしてお酒を飲む方は試飲会へレッツゴー!

この日しか味わえない貴重なお酒も試飲できちゃいます(一部有料です)

中に入ると熱気と活気がムンムンと!

かなりの賑わいで試飲には長蛇の列ができています。

さすが酒どころの秋田県 すごい賑わいなのです!

お酒が飲めない方も充分に楽しむことが出来ますよ。

お子様には餅つき体験やおしるこ、運転する方にもソバやアイガモ鍋等が販売されいています。

そんな中で私たち夫婦が初体験だったのが

なんと「酒粕の取り放題」!

下戸的酒蔵の楽しみ方①〜初体験、酒粕の詰め放題

制限時間1分間で好きなだけ大量の酒粕ゲットに挑戦するイベントです!

詰め放題と言うと、飴玉やチョコレート等のお菓子が一般的ですよね。

この前は裂きイカの詰め放題もみたな・・・

今回は酒粕・・・これはかなりのレア度です(笑)

かみさんと私、2人で挑戦したのですが1分間という長さは意外と余裕があります。

時間が有るが故に無理に取ろうとして返って失敗した強欲な私でした。

バランスが難しい。何事もバランスが大事なのですね。

そうです、何事も求めすぎてはいけないのです。

酒粕も色々と種類があって奥が深いですね。

今回取り放題のものは「踏込粕」でしょうか?(間違えていたらごめんなさい)

料金は1回500円です。

酒蔵の新鮮な酒粕がこれだけの量を頂けるのはかなりのお得感がありますね。

下戸的酒蔵の楽しみ方②〜酒蔵開放限定甘酒を購入

  • 限定品
  • ご優待
  • タイムセール
  • お買得
  • プレミア品
  • 今日だけ・・
  • あなただけ・・・
  • 今夜だけ・・・・・

煩悩五欲にに囚われた私を誘惑をそそるフレーズは多々ありますが、

今回のキーワードは

なんと「蔵開放限定」なのです!

蔵開放その日限定での販売なのです。

これはかなり「くらっと」きちゃいますよね・・・

しかし何でもかんでも「限定」という言葉だけに惑わされてはいけないというア・ナ・タ、

ちゃんと試飲もさせてくれますよ♡

優しい味、美味しいです。

お値段も良心的。

気がつけば甘酒入りの袋を手にぶら下げているのでした。

宿付きプランで行くのもオススメ

このように下戸の私でも楽しめる開放日。

お酒が飲める方は更に楽しめること間違無し!

でもせっかくならば宿に泊まってゆっくりと訪れてみたいものです。

天寿酒造さんでは宿泊プランも用意しているみたいですよ。

それでは良い旅を!

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

コメント